アパレル転職なび HOME > お役立ちコンテンツ > 面接の心得

お役立ちコンテンツ

面接の心得

面接は誰もが緊張するものです。しかし、事前にきちんと準備を行いルールとマナーをわきまえて入れば身構える必要もございません。
以下に面接に臨む際の心構えをまとめました。
いずれも、あなたらしさを面接官に伝え、面接を上手に進めていくために必要な事です。

第一印象が重要!

笑顔がない。暗い。声が小さくて聞こえない。姿勢が悪い。という人を採用したいと思いますか?
「第一印象で70%は決まる」と言っても過言では無い位、第一印象は非常に重要です。相手の目を見て自信を持って話をしましょう。

また、服装も重要なポイントです。髪型、服のシワ、足元にも気を配って下さい。人と接する機会の多い業界ですので清潔感があるかどうかも見られています。ファッション業界は、スーツではなく私服で面接を行うケースがございます。応募企業のアイテムをお持ちなら、是非着用していきましょう。お持ちでない場合でも、応募企業を意識したコーディネートで臨んでください。

明瞭簡潔に答える!

一つの質問に明瞭簡潔に答え、次の質問を待つ。面接官の質問が先読み出来る質問でも先読みした回答はNG。
会話の呼吸を乱すことなくハキハキとテンポよく、会話のリズムを大切にしましょう。

意欲を伝える!

面接官が最も敬遠するのは、消極的で覇気の感じられないタイプです。
ここで働きたいという意欲が伝えられなければ、その面接は失敗に終わります。
企業研究が出来ていなかったり、入社後のイメージが描く事が出来ないと意欲は伝わりません。
しっかり事前準備して面接に臨みましょう。

過去より未来をアピール!

自己を強く印象づけたいあまり、強引な実績の売り込みになったり、言葉の端々にゴリ押しが感じられるようだと印象は悪い。
ふだんの人間関係と同じことで、常に謙虚さは必要です。面接官が期待するのは、あくまで過去より未来。
そのことを念頭に、過去の実績が、その会社の将来にどんなふうに役立つ可能性があるのかアピールしていきましょう。

一生懸命に!

受け答えは必ずしもスムーズである必要はありません。
多少たどたどしくても伝えたいという気持ちが前面に表れる方が熱意や一生懸命さが感じられて好印象を与える場合もあります。
その情熱が一緒に働きたいと思わせるのです。

アパレル派遣なび
飲食転職なび
アパレル転職なび 公式Facebook
模擬面接のご案内
キャリア相談会