アパレル転職なび HOME > お役立ちコンテンツ > 職務経歴書の書き方

お役立ちコンテンツ

職務経歴書の書き方

職務経歴書は、履歴書のスペースだけではアピールしきれない過去の実績や経験、将来の目標などを具体的に細かく伝えて、自己PRにつなげるものです。

履歴書と違って書式、フォーマットに定型のものはありません。市販の履歴書とセットになっている職務経歴書に就業企業名を箇条書きするだけではなく、簡潔にまとめられた読みやすいレイアウトで、積極的に自分の経歴をアピールしましょう。

書き方のポイント

  1. 書式は自由ですが、レイアウトや段落に統一感をもたせて、A4サイズ1~3枚で簡潔にまとめましょう。
  2. パソコン作成が望ましいですが、手書きの場合は丁寧な字で書きましょう。
  3. (株), (有) と略さず、株式会社・有限会社と記入し、転職回数が多くとも、全て記しましょう。
  4. 今のご時世、学歴よりも「今のあなたに何ができるか」が問われます。アルバイトでも長く勤めたり、有利になることは全て記載しましょう。
  5. 書くべきポイントは、6つ。
  1. いつからいつまで(在籍期間)
  2. どんな会社・部署で
  3. どんな業務を担当し
  4. どんな立場(役職・役割)で
  5. どんな経験(実績)を積んだか
  6. 今後転職してどう活かしたいのか

自己PRの書き方

自己分析をして、自分の長所や特徴が確立出来たら自己PRとしてまとめましょう。

  1. 結論から書く
  2. 自分の長所を具体的なエピソードでアピールしよう
  3. 性格面を中心に書き、理由付けとして、前職でどんなことをしてきたかを説得材料として具体的なエピソードとする

販売職の場合の書き方

以下の項目を中心に、具体的に記載してください。

  1. 担当ブランド
  2. ブランドターゲット
  3. 商品単価・担当店舗・店舗人数・店舗売り上げ(月間もしくは年間)
  4. 実績・達成率

MD(マーチャンダイザー)の場合の書き方

以下の項目を中心に、具体的に記載してください。

  1. ブランドターゲット(年齢等)
  2. 服種(カジュアル、プレタ等)
  3. 上代
  4. 種別(布帛/カットソー/ニット等)
  5. 販売先(百貨店/量販店/通販/卸)
  6. 年間売上
  7. 展開型数
  8. 事業部の構成
  9. 買い付けの実績
  10. 生産背景
  11. 消化率

デザイナー・パタンナーの場合の書き方

以下の項目を中心に、具体的に記載してください。

  1. 担当ブランド
  2. 年間の展示会の回数
  3. 立体裁断の可否
  4. 使用可能なCADの種類
  5. 得意なパターンアイテム
  6. 月の担当型数
  7. 担当アイテム(布帛/ニット/カットソー等)
  8. 具体的な仕事内容(マップ作成、仕様書作成、縫製指示書作成等)

営業職の場合の書き方

以下の項目を中心に、具体的に記載してください。

  1. 担当ブランド
  2. ブランドターゲット
  3. 担当百貨店
  4. 担当店舗数
  5. 実績
  6. 月の売上実績
  7. 予算費
  8. 具体的な仕事内容(人・物・箱の管理のなかでそれぞれどのようなことをしたのか)
  9. 営業スタイル(新規顧客開拓、ルートセールス(担当エリア)等)

生産管理職の場合の書き方

以下の項目を中心に、具体的に記載してください。

  1. 担当アイテム
  2. 年間生産型数
  3. 生産背景(国・地域)
  4. コスト削減の実績
  5. 新規取引先開拓
  6. 品質管理
  7. 現地工場指導経験の有無
アパレル派遣なび
飲食転職なび
アパレル転職なび 公式Facebook
模擬面接のご案内
キャリア相談会